ダイエットに効果がある’酵素’って何?

酵素は人が生きていくうえで必要不可欠な成分


酵素は、体内に元からある消化酵素と代謝酵素、野菜や果物や発酵食品に含まれている食物酵素があります。消化酵素は、食べ物を分解して栄養を吸収しやすくする働きがあります。消化酵素には糖質を分解するアミラーゼや、タンパク質を分解するプロテアーゼ、そして脂質を分解するリパーゼがあります。そして代謝酵素は、新陳代謝をよくしたり内臓を動かしたりする働きがあるのです。このように、酵素は1つにつき1つの役割を担っています。
体内で保有している酵素の量には限度があります。また、消化酵素から使われて残りが代謝酵素に使われるようになっているのです。したがって、代謝に使える酵素の量を増やすことでダイエット効果を得られます。

効率よく酵素を補うためには?


酵素は野菜や果物、発酵食品に多く含まれています。食品によって含まれている酵素の種類は違います。そのため、たくさんの種類の野菜や果物、発酵食品を食べることが望ましいです。酵素は熱に弱い性質を持っているため、食べるときは加熱をせずに食べるようにしましょう。野菜や果物には細胞壁があります。そのため、すりおろすなどして細胞壁を壊すと、より効果的に酵素を摂取出来ます。
毎日野菜や果物、発酵食品を食べることが大変だと感じる人は、酵素ドリンクや酵素サプリなどを利用しましょう。その場合は、生のまま酵素を補えるものがよいです。加熱処理をしているものは、酵素の力が半減してしまうのです。したがって、低温殺菌されているものを利用するようにしましょう。